七五三の親の服!母親の服装はパンツスーツやカジュアルOK?

七五三詣り・神社

スポンサーリンク


子供の成長を祝う七五三ですが、母親の服装は何を着ればいいのでしょうか。

主役は子供ですが、親の服装も適当に普段着で!というわけにはいきません。

神社は神聖な場所ですし、ご祈祷を受けるわけですから、フォーマルな格好が望ましいです。

でも、フォーマルと言っても色々あるので、よくわからないですよね。

私が実際に行った時のこともふまえて、お伝えしますね!

七五三の母親の服装のマナーをチェック!

七五三の母親の服装で一番多いのは、スーツです。

パステルカラーのスーツだと華やかで、七五三だけでなく、入園式や入学式でも着られるので、使いまわせます。

また、ワンピースにジャケットという格好もフォーマルでふさわしい格好と言えます。

七五三にパンツスーツでもいい?

では、スーツの中でもパンツスーツはどうでしょうか。

まず、女性のフォーマルな格好というと、パンツスーツはNGなのです。

女性のパンツスーツは、ビジネスのイメージが強いですし、カジュアルに見られてしまう場合もあります。

でも、七五三という行事は、小さい子供が主役であり、その兄弟も同行する場合も多く、母親は動きやすい服装のほうが絶対いいと思います。

3歳、5歳の子供は、「七五三だからおとなしくしよう」なんて思ってくれませんしね。
(;^ω^)

きっと、いつもと同じように、子供は走ったり、何かに登ったり、動き回ります。

兄弟がいると、更に大変!

その相手をしなければいけませんから、お母さんはパンツスーツでも良いと思います!

実際、私が七五三で神社に行った際は、パンツスーツのお母さんは何人もいました。

普段着で来ているわけではないですから、堂々としていて大丈夫です。

ビジネススーツのようにならないように、コサージュなどをつけると華やかになっていいと思います。

カジュアルな服装はどこまでOK?

基本的にはカジュアルな服装はNGです。

どうしてもスーツやフォーマルなワンピースが用意できないという場合でも、デニムとか、Tシャツは避けたほうがいいです。

綺麗めなワンピースなら、ギリギリOKかな、と思います。

でも、周りのお母さんたちがスーツや着物で着飾っている中で、カジュアルな服装というのは間違いなく浮きます。

TPOを考えた服装をすることもマナーです。

七五三で母親のアクセサリー・バッグ・靴の注意点は?

七五三・母親のアクセサリー

フォーマルなアクセサリーと言えばパールです。

安いものでもいいので、一つ持っていると冠婚葬祭に便利です。

パールでなくても、アクセサリーをつけると華やかになるのでネックレスやイヤリング、ピアスはできればつけたほうがいいでしょう。

七五三・母親のバッグ

バッグは、小さめのほうがフォーマルですが、小さい子供がいるとどうしても荷物が多くなってしまいます。

小さめバッグとサブバッグを持ってもいいですし、トートバッグでも問題ありません。

七五三・母親の靴

靴はパンプスが一般的です。

サンダルやミュールはふさわしくないので気をつけましょう。

また、ファーやスパンコール、蛇革などもNGです。

形はラウンドトゥがおすすめです。

ヒールの高さは、高すぎない5cmくらいがベストです。

妊婦さんや赤ちゃんを抱っこする方は、ヒールなしでも問題ありません。

色はバッグと合わせるとまとまって見えます。

または黒が無難です。

フォーマルな黒いパンプスは弔事でも使えますので、こちらも一つ持っているといいでしょう。

まとめ

主役は子供とわかっていても、初めてのことだと、どんな服装がいいのか、周りの人はどんな服装をしてくるのか、ネットではこう書いてあったけど本当かな・・・と不安になることも多いと思います。

普段着過ぎて浮くのは恥ずかしくても、フォーマル過ぎて恥ずかしいことはありません。

神様への感謝の気持ちを忘れず、きちんとした格好で望みましょう。

スポンサーリンク