結婚式にカーディガン肩掛けはマナー違反?移動だけならいい?

結婚式のテーブルにピンクのキャンドルとお花

スポンサーリンク


結婚式の羽織りもの、基本はボレロ、ショール、ストールなどですよね。

でもカーディガンはだめなの?と思っていらっしゃる方もいると思います。

実際に結婚式でもカーディガンを着ていたり、肩かけしている方を見かけることがあります。

カーディガンであれば、普段使いもできますし、すでにお手持ちのものも何着かあると思いますので着回しができますよね。

少しカジュアルアイテムであるため、結婚式などのお祝いの場ではマナー違反になるのではないかと心配な方も多いと思います。

実際はどうなのかご紹介していきますね。

最近よく見る結婚式での「カーディガンの肩掛けコーデ」マナー的にはどうなの?

疑問に思っている女性

カーディガンはカジュアルアイテムという位置づけになるため、マナー違反になります。

結婚式や披露宴では控えてくださいね。

しかし、カジュアルなウエディングパーティや二次会などの場合は、パーティドレスをカジュアルダウンさせておしゃれに着こなすというのもコーディネートの一部になりますので、カーディガンを肩掛けしても構いません。

同じドレスを着用するにしても、披露宴ではボレロやショール。二次会ではカーディガンなど使い分けると、マナー違反にもなりませんし、イメージチェンジできるのでおすすめです。

 

ちなみに、二次会やカジュアルなウエディングパーティの際、白のカーディガンはマナー違反になるのか。悩む方もいらっしゃると思います。

確かに白は新婦のウエディングドレスの色と被ってしまうという理由でNGカラーとなっているのですが、羽織りものであれば、絶対ダメ、完全にマナー違反。というわけでもありません。

ただし、白の羽織りものを羽織る場合には注意点もあります。

白の羽織りものを着る時の注意点

あせって慌てている女性

その1.丈は短めにする

丈が長いと後ろから見た時などは白い服を着ていると思われてしまう可能性があります。

ボレロのような短い丈の羽織りものを選んでください。

その2.白の中でも真っ白を避ける

やはり着席した際に、あの人は白の服を着ているとだけ認識されてしまう可能性が高くなります。

白に近いベージュやシルバー、白に近い他の色であればその事態は避けられますので、同じ白でも色味には注意してください。

結婚式が秋や冬で寒い!カーディガンを移動中に着るのは?

冬だとドレスの上にコートを着たらいいと思いますが、少し肌寒い秋などは、コートまではいかないんだけど、薄手のものを羽織りたいなんてこともありますよね。

結婚式場までの移動にカーディガンを着るのはありかなしかということですが、結果はありです。

結婚式場までの移動の時はカーディガンを着ていき、結婚式場に到着後カーディガンはサブバッグなどに入れてクロークに預けましょう。

サブバッグも基本的にはカジュアルなトートバッグなどが多いと思いますので、披露宴会場に持ち込むのは控えたほうがいいですね。

披露宴会場に入ったら寒さ対策のためにボレロ、ストール、ショールなどを用意しておきましょう。

結婚式場まではカーディガンを着て移動するということなので、畳んで小さくなる持ち運びの便利なストールやショールがおすすめです。

結婚式にカーディガン肩掛けマナーの「まとめ」

オールマイティに使いまわせるカーディガンですが、結婚式など、お祝いの場にお呼ばれした際に着る場合は、きちんと状況を確認することが必要です。

格式高いホテルや結婚式場などではマナー違反になりますし、どの会場でもカジュアルウェディングやレストランウエディングのようなカジュアルなパーティ形式以外の披露宴ではマナー違反になります。

カジュアルなパーティ形式の披露宴、二次会などであれば、色や丈の長さに気を付ければカーディガンの着用はマナー違反にはなりません。

カーディガンはいろんな肩掛けの仕方がありますし、とてもおしゃれに着こなせるアイテムです。

是非ドレスとおしゃれに組み合わせて素敵なコーディネート完成させてみてください!

スポンサーリンク