創立記念祝賀会やパーティーでの服装を女性・男性別に解説

披露宴やパーティー会場での乾杯ドリンク

スポンサーリンク


創立記念祝賀会とは人生や会社の節目のとても大切な行事です。

そんな祝賀会にいったい何を着ていったらいいのか。

結婚式のようなドレスなのか、礼服なのか、スーツなのか。

わからないですよね。

ちょっとしたパーティですからと言われて、すごくカジュアルな服装で行ったらものすごく浮いてしまったという人がいました。

逆に華やかにしすぎてしまってマナー違反になってしまっているということも。

せっかく参加したのに…ということにならないためにもしっかりお伝えしたいと思います。

あなたが安心して祝賀会やパーティに行けるようにどんな服を着ていったらいいのかご紹介していきますね。

創立記念祝賀会の服装、女性の場合

 

入園式卒園式にコットンパールをする女性

ドレスコードとは、服装の決まりのことで、

  • フォーマル
  • セミフォーマル
  • インフォーマル

にわけることができます。

日本のパーティにおいては基本的にセミフォーマルかインフォーマルが圧倒的に多いです。

創立記念祝賀会ですと、セミフォーマルが基本になります。

正装まではしなくてもいいが、ある程度かっちりとした服装ということですね。

招待状に指示がある場合はその服装に従いましょう。

特に指定がない場合は下記を参考にされてください。

少し華やかめのワンピース(素材に注意)を着よう

いつもネイビーやブラックなど暗めの色を着ているという方も、祝賀会というお祝いの席なので、ぜひ華やかな色のワンピースを着ていきましょう。

レッド、イエロー、ブルー、パープルなど、ご自分がお好きな色を選んでみてください。

もちろんピンクやベージュのワンピースでも大丈夫です。

カジュアルな素材は選ばないようにしてくださいね。

品のあるアクセサリーをつけよう

じゃらじゃらしたアクセサリーはだめです。

上品さのあるパールが一番おすすめですが、一粒ダイヤなどでも小さめでキラッと光る程度であれば上品で華やかにつけられると思います。

ストッキングの着用

もちろんフォーマルな場ですので、ストッキングは必須です。

肌に近いベージュのストッキングを着用しましょう

パンプスを着用

サンダルなどはNGです。

ミュールやオープントゥなどを履いている方も見かけたりしますが、フォーマルな場にはあまり合いませんので、きっちり前も後ろも覆われているパンプスを着用してください。

また、あまりにもヒールが高いパンプスはNGです。

5~7cmが無難です。

パーティバッグを持っていきましょう。

行き帰りは荷物が多めかもしれませんので、大きめのバッグで会場まで行き、中にパーティバッグを入れていくといいです。

必要なものはパーティバッグに移し、そのほかの荷物はクロークに預けましょう。

創立記念祝賀会の服装、男性の場合

スーツを着た男性

男性のドレスコードも女性と同じです。

招待状に服装の指示がない場合はインフォーマルで会場へ行きましょう。

スーツ着用

男性の場合、ビジネススーツをお持ちの方が多いと思います。

スーツですと絶対失敗することがありません!

いつも着ているビジネススーツの中でもちょっと高級感ある生地のブラックを選びましょう。

シャツの色は

基本は白シャツです。

ただし、細めのストライプであったり、主張しない程度の色のクレリックシャツでしたらマナー違反とはなりませんので、着用可能です。

靴とベルト

靴とベルトはブラックにしましょう。

個人的にはグレーのスーツにブラウンの靴とベルトの組み合わせが好みですが、カジュアルでおしゃれな要素が加わってしまうのでフォーマルな場には合いません。

ネクタイの色

ネクタイの色は素材がニットとか、形がめちゃくちゃ細いとか奇抜なものでなければ基本的にはなんでもOKです。

フォーマルな場なので無地がいいですね。

どうしても色が決められない!という方は一番無難で何にでも合うネイビーのネクタイを着用しましょう。

創立記念祝賀会やパーティーでの服装「まとめ」

絶対に忘れてはいけないのが招待状の確認です。

ドレスコードの記載があるかもしれません。

創立記念祝賀会は大体インフォーマルですが、服装が決められている場合もあるので、記載があった場合はそれに従って服装を決めてくださいね!

楽しんできてください!

スポンサーリンク